安曇野ホテル日記 TOP  >  未分類 >  三九郎(どんど焼き)∩`・◇・)

三九郎(どんど焼き)∩`・◇・)

1月15日(水) 

遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます。
お久しぶりのたけちゃんです(●´3`)~♪

先日、“三九郎”に参加してきました~♡
ところで、“三九郎”とは何ぞや?とゆう方が多いはず!!
三九郎は小正月に行われる子供中心の行事で、注連縄・松飾り・達磨などを集めて燃やし神送りをする行事です。
この三九郎の火で焼いた繭玉(まゆだま)を食べると、一年間無病息災で過ごせると言われています。
“三九郎”とゆう呼び名は長野県の安曇野・松本だけで、一般的には“どんど焼き”だそうです。


さて、さて、朝からお正月飾りを集めて、近所の田んぼに集合!!
だるまの下の部分(おしり?)の鉄板を木槌でとる役目を担いまして、
一生懸命がんばらしていただきました。
おじさま:「おしりをとったら頭に穴をあけてください。」
私:「???????????」
なんか、だるまの頭に穴をあけるなんて罰が当たりそうですが…
黙々と空けさせていただきました(笑)(ヘΘ∇Θ)ヘ
穴をあけただるまはしめ縄にとおします↓↓↓

三九郎⑤

竹で柱をつくり、正月飾りを中に入れて周りを竹で囲い完成!!!!!
三九郎⑥

三九郎④

一旦、お家に戻り三九郎で焼くお餅の準備をします。
私の家族は、お餅とサツマイモ、マシュマロも持って行く事にしました~!(*’v`丱)☆+゜
どうなることやら…

午後、いよいよ点火~
三九郎③
三九郎②

勢いよく燃え始め、あっという間にこの状態。(この間にマシュマロは子供たちのお腹に入ってしまいました。)
火が落ち着いてきたことろにお餅を投げこみます!!(((ノ´□`)ノトウッッ
「お・も・ち・は・や・く・た・べ・た・い」

三九郎

10分くらいするとお餅の出来上がり。
砂糖醤油やお味噌などそれぞれ持ち寄っておいしくいただきました。
サツマイモは…丸々そのまま入れたので半生(ノд・。) グスン
来年は輪切りにして持って行こうとおもいます★

1月12・13日あたりに安曇野周辺には三九郎(どんど焼き)がたくさん出現しますよ~o(=´∇`=)o

長野の温泉宿 ホテルアンビエント安曇野

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

hotel boy&hotel girl

Author:hotel boy&hotel girl
若手スタッフ中心に更新中!
季節の話題、ホテルイベント、安曇野の自然、グルメ情報など、たまに、ゆる~い話題をご提供すべく奮闘中!
楽しく面白くをモットーにお伝えします♪皆様のコメントが元気の源!ご投稿お待ちしております。
<(_ _*)>

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター