安曇野ホテル日記 TOP  >  観光スポット >  安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

 2月28日(火)

  こんにちは、『モケのり』ですヽ(・∀・)ノ

   雪解けを待たずして顔を出す春の使者「ふきのとう(蕗の薹)」を

    ホテル裏の斜面で発見しました(´∀`)もう春ですね。

安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌


  やっとお休みの調整ができた『モケのり』、水中撮影をすべく
    「青木湖」へ向かいます。

  と、意気込んで向かったはいいのですが、寄り道しすぎて日が暮れそう…(´ー`A;)


  横着して勝手に目標変更、「青木湖」より若干近い
                  「木崎湖」に突撃っ!(笑)
安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

  雪の紋様が綺麗ですね(*´∀`)


  で、早速準備…。長靴、釣り竿…釣り竿?

   え~、実は…イザという時にスマホを釣り下げようと思いまして…汗
                             ※釣りはしてません。
安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

  湖の畔に向かいます。雪深いです…(´д`ι)
安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

  ここにスマホを入れるんですが・・・・イヤだなぁ。

安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

 撮ってみる・・・・。

  ・・・・・・・・怖っ!!(゚Д゚ノ)ノ

安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

  まるで、「釣りキチ○平」の「ヌシ」の登場シーンのよう!!

安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

 後で知った事ですが、仁科三湖の中でも中綱湖と木崎湖は透明度およそ4m
       青木湖は8m。これは中栄養湖、貧栄養湖の差が関係している様で…。

 どちらかと言うと生物が住みやすい木崎湖は、プランクトンなどが多いゆえに
       透明度が低くなるのは当然の事なのでした。

 こうなると「青木湖」の水中を見たい欲求が…。…それはまたの機会に…( 。-ω-)



大糸線、全駅見に行ってみよう!※JR東日本管轄

南大町の次の駅は
「信濃常盤-Shinano-Tokiwa-」駅でございまーす\(゚▽゚*)

安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

ここで「餓鬼岳下車駅」の看板がありました。

安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

 信濃常盤駅から南へ進んだ所で、山が綺麗だったので撮影ヽ(・∀・)ノ

安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

 右を見ますと・・・・。

 おおっ!Σ(Д゚;/)/知る人ぞ知る「世界のギターファクトリー
     FUJIGEN大糸線!!
 ナイスなコラボであります!(笑)

 安曇野紀行 「大糸線」編 其の捌

 春の安曇野。

  桜が咲く頃には松本駅に辿り着けるかなぁ…?

  思わず寄り道してしまう自分の事を忘れ
          浅はかな考えをする『モケのり』でした(笑)




安曇野の旅行に ホテルアンビエント安曇野

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

hotel boy&hotel girl

Author:hotel boy&hotel girl
若手スタッフ中心に更新中!
季節の話題、ホテルイベント、安曇野の自然、グルメ情報など、たまに、ゆる~い話題をご提供すべく奮闘中!
楽しく面白くをモットーにお伝えします♪皆様のコメントが元気の源!ご投稿お待ちしております。
<(_ _*)>

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター