安曇野ホテル日記 TOP  >  観光スポット >  安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐

安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐

 1月17日(火)

 こんにちは(^o^)ノ『モケのり』です。

 突然ですが、皆様「カレー」はお好きですか?
安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐
 ホテルのカレーもオススメですが、今日はご存知「CoCo壱番屋」
 [信州限定 B級グルメカレー]
安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐
「松本山賊焼カレー」です(´∀`*)

 発見しただけ、食べてません…(´ー`A;)

 まあ、「山賊焼」については後日…何らかの形で…。


 というわけでヽ(・∀・)ノ

 大糸線、全駅見に行ってみよう!※JR東日本管轄

 続編をご覧あれ~(∀`*)ノ


 思いつきで大糸線を巡る事になったのですが
  大糸線※東日本管轄は34駅、営業距離70.1Km
   からなる、ローカル線なのでありますっ!

 鉄道関連に全く興味の無い「知識の無い?」『モケのり』は
  駅を全部見るという大義を果たせれば満足!

 なのでジャンジャン行きますよー!ヾ(´∀`○)ノ
 
 南小谷の次の駅は
「千国」-Chikuni-駅でございまーす\(゚▽゚*)
安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐
 ・・・えっと・・・左の赤いポストのある方が駅舎みたいです…。
自分は右の建物ばかりパシャパシャと撮影してまして…。
 よく考えたらこっちでした…汗。
安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐
 ちなみに右の建物は高低差のある道路からホームに入る「スロープ」の様な
               構造になってましたよ。
安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐
あっ!Σ(´□`ノ)ノ
   電車が通過っ!
 聞くところによると、あれは「特急あずさ」
       大糸線ではなかなかお目にかかれないレアな存在だそうです…。


 さて、千国の次の駅は
「白馬大池」-Hkuba-Oike-駅でございまーす\(゚▽゚*)
安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐
車が埋まってますが…Σ(゚Д゚ノ)ノ
安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐

さてさて、白馬大池の次の駅は
「信濃森上」-Shinano-Moriue-駅でございまーす\(゚▽゚*)
安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐
 う…うぅ…。
安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐
 この黄色い看板のコメントになぜかウケてしまった『モケのり』でした…。
     「飲み会議」って「飲み会」なの…?
                 「飲み会議」って「会議」なの…?

 もういっちょ!信濃森上の次の駅は、皆様ご存知!
「白馬」-Hakiba-駅でございまーす\(゚▽゚*)
安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐
ちょっと前にコイワさんがお出かけしてましたね…。
じゃ、詳しくはコチラで→白馬駅
安曇野紀行 「大糸線」編 其の弐

 ここまでまだ5駅目…。
 遠い目をしながら松本駅を目指す『モケのり』でした…(ノω・、)クスン...

 安曇野市中心部に近づくにつれ、徐々に駅周辺の景色など
  お見せできればと思っておりますので、応援よろしくお願いしまーす!(´∀`)

安曇野の旅行に ホテルアンビエント安曇野

2モケ

COMMENT

コメント投稿ありがとうございます!

はなシャン様。ありがとうございますi-179

 『モケのり』ですe-446

 大町方面は自分が小さな頃、親戚の家によく遊びに行った
  思い出の場所なんです。

 大糸線も高校時代、3年間利用していたのですが
  今になってあの頃感じられなかった車窓から見える自然の豊かさや美しさが
  やっとわかってきた気がします。

 これからも「自分なりの安曇野」をご紹介していきますので
  ぜひご覧くださいe-446
 
 そしてスタッフ一同、はなシャン様のご来館を
      心よりお待ち致しております。

No title

冬の白馬駅には久しく行っていませんが(7日のブログ)綺麗に飾り付けがしてあるのですね、大糸線は私も大好きで松本からよく乗ります。小さい駅では簗場駅で降りハイキングした事も。ホテルに泊まり各駅に行ってみたいと思っていますのでこれからも楽しみにしています。

コメント投稿ありがとうございます!

 うーちゃん様、ありがとうございます。
 『モケのり』ですe-454
 自分の投稿を楽しみにしていてくれる方がいるなんて
  感激いたしましたe-452
 穂高駅は1940(昭和15)年以来の改装と聞いてます。

 2010年、3月3日に完成式典が行われた模様です。

  ブログの方は
 しばらく毎週火曜日更新予定ですので、ぜひ見てくださいね。
  穂高駅まではまだ遠いですが・・・。
  それと、スタッフ一同、うーちゃん様のご来館を心よりお待ち致しております。
  冬は寒さが厳しいので、春先のポカポカ陽気の安曇野がオススメですe-257

No title

 毎年松本穂高間を利用しています。
駅舎巡り楽しみにしています。
 穂高に2度目に降り立ったとき、
駅舎が立派になっていてびっくりしたのを
思い出します。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

hotel boy&hotel girl

Author:hotel boy&hotel girl
若手スタッフ中心に更新中!
季節の話題、ホテルイベント、安曇野の自然、グルメ情報など、たまに、ゆる~い話題をご提供すべく奮闘中!
楽しく面白くをモットーにお伝えします♪皆様のコメントが元気の源!ご投稿お待ちしております。
<(_ _*)>

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター